メインビジュアル

USER’S VOICE 03

インテリアに合わせて、空間の表情に変化を。
豊かな質感が、部屋ごとの個性を生む。

yukiさん

13歳と4歳の娘さんのママであるyukiさん。マイホームを建てたことをきっかけに始めたインスタグラムは、なんとフォロワーが18万人超! “主婦の毎日をもっと楽しく”をモットーに、日々ステキな暮らし方を発信しています。
そんなyukiさんの「マイホームのこだわりの一つ」というエコカラット。リビング、玄関、寝室、トイレ、それぞれ違うデザインを導入しています。そのこだわりの理由とは?

念願のマイホームに積年の思いをぶつけた!

インタビューに答えるyukiさん
マイホームを建てたのはいつですか?

2016年の3月、ちょうど3年前です。その前は主人の母と同居していて、インテリアとか全然こだわることができなかったので、やりたかったことをすべて新しい家に注ぎ込みました。

もともとインテリアに興味が?

そうですね。学生のときから好きでしたし、以前は化粧品の販売の仕事もしてて、ディスプレイの担当なんかもしていたのでかなり興味はありました。

エコカラットを取り付けた子ども用リビング
どんな家にしようとか、最初からイメージはあったんですか?

テーマは「大人も子どもも楽しい」。両方楽しめたらいいなって。
たとえば大人がくつろぐためのソファに子どものオモチャとか置いてあるのが嫌なので、大人用のリビングと子ども用にリビングを分けようかと思ったのですが、家族そろっての団らんも大切にしたい……そこで考えたのが「段差」をつけること。こうすると不思議なことに、オモチャが散らばらないんです。

たしかにナイスアイデアですね。専門的な知識をお持ちだったのですか?

全然!なんかそんな気がするって(笑)。もちろん設計なんかもできませんよ。こうしたい!っていうのを絵に描いて、それを設計士さんに見せて、できるできないを判断してもらいました。「いやいや無理です、ここ柱入ります」とか、やりとりは相当しましたね。

「質感」で家の表情に変化をつけたい

エコカラットを取り付けた大人用リビング
ご主人のご意見と食い違ったりとかはしませんでしたか?

いえ。私がこうしたいって言うと「いいね」って、だいたい意見は一致しました。ただ、一つだけ悩んだのはエコカラットですね。

え、どういうことですか?

リビングのエコカラットの色をどうしようか?って。主人は高級感のある「グレー」にしたかったのですが、キッズリビングがあるのでカッコイイ感じは合いません。それに、リビングはなるべく広く見せたかったんで、私は「白」を主張しました。

ご主人は納得されましたか?

とりあえず無言で我慢していたみたいですが……いつの間にか白にしてくれていました。でも今は「白にしてよかったね」って言ってくれています。「グレーにしてたら危なかったな」って。

白を選ぶにしても、こだわりがあったとか?

最初は真っ白より、アイボリー系もいいなと思ったんですけど、壁を漆喰にしたので、普通の白い壁紙より青みがでてしまうんです。だから、エコカラットをアイボリーにすると、その青みが目立っちゃうかなと。あと、この「グラナス ルドラ」がもともと大好きで、絶対入れようって思ってたんです。

子ども用リビングから見た大人用リビング
本当によくご存知ですね。エコカラットは最初から入れようと?

はい。ショールームで見てデザインに一目惚れしました。これは家のアクセントになるなって。木やタイル、漆喰もそうなんですけど、色じゃなくて“質感”で家の表情に変化をつけたかったんです。。

テレビ側の壁全面にエコカラットを張っていらっしゃいますね。

重厚感のある質感の「グラナス ルドラ」は横に細く長いデザインなので、途中で切っちゃうよりバーンって一面使ったほうが横に広く見えるかなって。窓も横長にして、目の錯覚でより広く見せようと考えました。

インテリアやシーンにあわせた「エコカラット使い」のポイント

yukiさん家のリビング全体
yukiさんのご自宅はリビングのほかにも、玄関や寝室、トイレといろいろな場所に「エコカラット」を取り入れていますが、その場所にした理由は?

どこにつけるか決めたのは主人です。機能面をすごく期待してて、特にニオイが気になりそうな場所を選んで取り付けました。

効果は実感していますか?

そうですね。リビングは焼肉なんかしても翌日にはニオイが消えてますし、玄関は靴のニオイも気になりませんよ。

エコカラットを取り付けた玄関
見た目的には、場所ごとに雰囲気が違ってステキです。ほかのインテリアともすごくマッチしてると思うのですが、それぞれのポイントを教えていただけますか?

「リビング」のインテリアのポイントは、白いエコカラットが映えるよう、木の中でも一番色の濃いウォールナット材に家具を統一したことですね。くつろぐための場所なので、落ち着いた雰囲気にしたかったんです。なので、生活感の出る収納用のタンスや棚なども置きませんでした。日用品はリビングボードやソファテーブルの中に見えないようにしまっています。

「玄関」はドアをパッと開けたときに明るく広く見えるように心がけました。「グラナス ヴィスト」というエコカラットを靴箱側に使っています。実はこのエコカラットが一番お気に入りなんです!
こだわったのはLEDの間接照明。ショールームで見てすごく気に入ったんです。なのでエコカラットも、間接照明で陰影が映える小さめのタイプを選びました。

エコカラットを取り付けた1階と2階のトイレ

「トイレ」は1階と2階にあるのですが、1階の便器が黒なのでエコカラットはグレー、2階は白なので白にしました。トイレにも遊び心がほしかったからです。1階のトイレはアロマも黒が入ったデザインのディフューザー、フォトフレームも黒縁にするなど、統一感がでるよう小物にもこだわりました。

エコカラットを取り付けた寝室

「寝室」はホテルのようなカッコイイ感じにしたかったんです。ホテルっぽくするには、物を置かずに空間をスッキリさせることがポイント。だけど何も無さすぎると殺風景になっちゃうんです。そこでエコカラットの出番です。ヘッドボード側の壁に取り付けることで、部屋にアクセントを生み出すことができました。色は高級感を狙ってグレーに。こちらも玄関のように、下から間接照明を当てています。

フォロワーさんのために“ちゃんと発信”したい

インタビューに答えるyukiさん
yukiさんのインスタグラムはステキなご自宅やインテリアが人気で、フォロワー18万人超だとか!?

実は、家を建てるまでインスタグラムを知らなかったんです。お友達から「モデルさんの私服とか見れんねんで」って教わったぐらい(笑)。じゃあちょっとやってみようかなって。でも私が私服を投稿するのも変だし、せっかく家を建てたんだから家の写真でも載せようってやり始めたら、いつの間にかこんなにフォロワーが増えちゃって……正直びっくりしてます。

インスタグラムで発信するにあたって、心がけていることは?

そうですね。フォロワーさんから “おうち時間が楽しくなりました”ってメッセージをたくさんいただくようになって、それがやりがいにもなっているんですが、“ちゃんと発信”しなきゃなって。

ちゃんと発信するとは?

いろいろ質問されても、ちゃんと答えられるようにしたいなって。なので、収納やインテリアについての資格を取りました。もともと色彩検定は持っていたのですが、今はさらに「整理収納アドバイザー」と「ルームスタイリスト」の資格も持っています。

フォロワーさんにエコカラットをすすめるとしたら?

エコカラットの上質感や、照明の映える立体的なデザインが、家のアクセントとしてすごく効果的だと思います。自然素材なので、見た目も手触りもいいですよ。これから家を建てようと思っている人は、ぜひ採用してほしいですね。さすがに、トイレも寝室もとなると費用面が心配でしょうから、たとえば玄関やリビングなど、目につきやすい場所に一ヶ所だけでも取りつけると、家の印象がだいぶ変わると思いますよ。

yukiさん家のインテリア

家やインテリアに関する知識が豊富で、エコカラットについても詳しいyukiさん。その知識とアイデアを目一杯注ぎ込んだマイホームは、単に雰囲気がおしゃれなだけでなく、デザイン性や機能性にも優れた、スペシャルなお宅でした。こんなステキな家だったら、たしかに「おうち時間」も楽しく過ごせそうですよね。

※脱臭、調湿の感じ方は個人により差があります。また、換気・住まい方・気象条件等により効果に差が出ます。