暮らしの提案

ブルックリンスタイルに近づくためのポイントとアイデア

個性的でおしゃれなインテリアとして、注目を集めているブルックリンスタイル。ブルックリンスタイルとは何なのか、気になっている人も多いのではないでしょうか。この記事では、ブルックリンスタイルに近づくためのポイントや、ひと工夫加えることでより個性を出せるアイデアなどを紹介します。

ブルックリンスタイルとは?

ブルックリンスタイルとは?

ブルックリンのまち

ブルックリンスタイルとは?


ブルックリンは、ニューヨーク市にある5区の一つです。ニューヨークといえば、タイムズスクエアやセントラルパークがあるマンハッタンが有名ですが、ブルックリンはイーストリバーを挟んでマンハッタンの向かい側にある工業地帯です。海に面した地区で、倉庫や古いアパートが立ち並んでいます。ブルックリンの観光名所としては、レトロな雰囲気の遊園地があるコニーアイランドや、長い歴史のある巨大なブルックリン美術館などがあげられます。

ブルックリンスタイルができるまで

マンハッタンの物価が高騰していた背景もあり、1990年代には家賃の安いブルックリンへ労働者や移民、アーティストなどが移り住むようになりました。移住した人々は古い倉庫や建物を次々とリノベーションしていき、その独特なインテリアがおしゃれだと評判されはじめました。このようにして、ブルックリンでは「古くからあるものを活かしておしゃれに再構築する」というスタイルが確立され、現在ではクリエイティブで個性的な街として人気を集めています。

インダストリアルスタイルとの違い

ちなみに、ブルックリンスタイルとよく似たインテリアにインダストリアルスタイルがあります。両者は無骨な点でよく似ていますが、インダストリアルスタイルが無機質なデザイン。それに対して、ブルックリンスタイルではオーガニックな要素も取り入れています。ブルックリンスタイルにするには、インダストリアルスタイルのような無造作なデザインの中に有機的な温かみを取り入れていくとよいでしょう。

ブルックリンスタイルに近づく6つのポイント

ブルックリンスタイルを取り入れるためには、まずその特徴を押さえること。ここでは、ブルックリンスタイルにするために押さえておきたいポイントを紹介します。特に間取りや壁、全体の色味など、あとから変えるのが難しい部分は事前によく考えることが大切です。

開放感のある間取り

ポイント1.
開放感のある間取り

開放感のある間取り


ブルックリンスタイルの大きな特徴は、開放感のある間取りです。そのため、壁などであまり仕切らず、光がよく入るような空間にする必要があります。間取りに開放感を与える方法として、以下のようなアイデアがあります。

・吹き抜けにする
吹き抜けにすることで大空間を演出できます。開放感のある間取りにするには、まずは吹き抜けにすることから検討してみてはいかがでしょうか。

・天井の高さを高くする
天井に開放感を持たせたいけど、2階の部屋を無駄にしたくない、冷暖房の効率が悪くならないか心配、という人は天井を通常の高さよりも高くするだけでも、きっと開放感を感じられます。

・階段をリビングに設ける
廊下ではなく、室内に階段を設けるのもポイントです。家の中のスペースは限られているため、廊下に階段を設置するとリビングに使えるスペースはその分狭くなります。思い切って廊下部分もリビングに取り入れ室内に階段を設ければ、スペースを有効活用できて開放感が増すでしょう。

・LDKを区切らず、ひとつの空間にする
LDKを区切らず、ひとつの空間にするというアイデアも開放感を得るうえで効果的です。ブルックリンスタイルでは、なるべく視線を遮るものを減らすようにしてください。

・間仕切りが必要な場合は
構造の問題などで間仕切りが必要な場合もあります。そのときは、構造的に問題がないように、ガラスパネルの入った間仕切りにすれば、視線が抜けるようになります。また、窓は多め、もしくは広くとるようにしましょう。窓の面積が広いほど室内に入ってくる光の量は多くなり、室内が明るく開放的な雰囲気になります。
開放感を持たせるには、設計の段階で壁をできるだけ無くす、窓を多めにとるなど、相談するとよいですよ。

レンガのような壁

ポイント2.
レンガのような壁

レンガのような壁


ブルックリンスタイルでは、古いアパートや工場などの雰囲気が出せるように、壁にこだわるのもポイント。ブルックリンにはレンガ造りの古いアパートや倉庫が多く、アンティーク調のレンガがブルックリンスタイルの象徴となっています。アンティーク調のレンガとは、表面の塗装が剥げていたり、色が均一ではなかったりするレンガのこと。レンガのような壁をインテリアに取り入れれば、コーディネートをブルックリンスタイルへと大きく近づけられます。
レンガ風のタイルや壁紙などを上手に活用して、ブルックリンらしい空間を目指してみましょう。また、カフェに飾られているようなコルクボードをインテリアとして取り入れるのもおすすめ。
ブルックリンの雰囲気を控えめに出したい場合は、壁全体ではなく、柱などにアクセントとしてレンガ調を取り入れる方法もあります。レンガ調の壁にしたいときはエコカラットプラスを張るのもおすすめです。エコカラットプラスについて、詳しくは後述するのでブルックリンスタイルを目指すときの参考にしてみてください。

ポイント3.
落ち着いた色味

ブルックリンスタイルでは落ち着いた色味が基本です。レンガやコンクリート、ブラックアイアン、古びた木材など、落ち着いた色の材質が主な構成要素となるためです。グレーやブラウン、ブラックといったダークな色味を中心に選んだほうが、コーディネートはまとめやすくなるでしょう。アンティーク調の家具を取り入れる場合も、全体的に落ち着いた色味でまとめればなじみやすくなります。

メインの色をどれにするかによって、同じブルックリンスタイルでも与える印象が異なります。

・グレー:上品な印象
・ブラック:シックな雰囲気
・ブラウン:温かみのある印象

上記のようにそれぞれの色の特徴を理解したうえで、配色を考えるとよいでしょう。また、白などの明るい色を採用するときも、明度を低く抑えればブルックリンスタイルの重厚感が損なわれません。全体の明度を抑えれば、木材やアイアンなどのマテリアルの質感もより引き立つでしょう。ブルックリンスタイルを無難にまとめたいのであれば、ビビッドカラーやパステルカラーはなるべく使わないのが賢明です。

素材・フローリング・設備選び

ポイント4.
素材・フローリング・設備選び

素材・フローリング・設備選び


・素材
ブルックリンスタイルでは、重厚感のある素材が雰囲気づくりの重要なポイントとなります。金属部分には、なるべく光沢のないマットな質感のブラックアイアンを使うと本格的な雰囲気になります。木材については、きれいに整えられたものではなく、エイジング加工を施したアンティーク調のものを使うのが定番です。渋い味わいを出したいときは、建築現場などで実際に使われた板を取り入れてみるのもよいでしょう。

・フローリング
フローリングは木目調にしてみるのもおすすめ。色合いが統一されていない、表情豊かな木材を使えば、きっと効果的にヴィンテージな雰囲気を演出できます。

・設備
キッチンなども、レンガ調や木目調など、落ち着いた色の設備を選ぶようにしてください。先述のとおり、全体の色味をダークにすることでブルックリンスタイルならではの統一感が生まれます。

なお、配線や配管は壁などの裏に隠すのが一般的ですが、あえて壁や天井に配管を走らせることで、工場をリノベーションしたような無骨さを演出できます。素材や建具、設備にまでこだわり、ブルックリンスタイル特有の空間を構築してみてください。

ヴィンテージものの家具

ポイント5.
ヴィンテージものの家具

ヴィンテージものの家具


ブルックリンスタイルと相性がよい家具・木材はアンティーク調のものです。定番といえる家具はアンティークレザーを使ったソファーで、置くだけで雰囲気がおしゃれに。倉庫で使われているようなスチールの棚や、配管をイメージして作られたラックなども積極的に取り入れてみるとよいでしょう。木材については長く使うほど味わいが増す無垢材がおすすめ。
色味は明るいナチュラルよりも暗いブラウンのほうがインテリアの雰囲気に合います。ただし、ダークな雰囲気が強すぎると無機質な印象になり、インダストリアルスタイル風になってしまうので注意が必要です。

暗めの照明

ポイント6.
暗めの照明

暗めの照明


落ち着いた雰囲気が特徴のブルックリンスタイルでは、暗めの照明を選ぶのが鉄則。レトロな電球など、穏やかな照明を取り入れるとよいでしょう。シェード(電灯の笠の部分)は定番のブラックスチールを選ぶのが無難。ですが、控えめなシルバーやアンティーク調のデザインガラスなどもおすすめです。そのほか、電球がむき出しになったペンダントライトなども無骨な雰囲気がよく合います。ブルックリンスタイルの照明は、デザインがシンプルで目立ちすぎないものを選ぶようにしてください。
ただし、控えめな照明にこだわるあまり、部屋が暗くなりすぎることも。ブルックリンスタイルはダークな色味で統一されており、ただでさえ暗く感じやすいコーディネートです。薄暗くてじめじめとした印象にならないように、最低限の明るさは確保できるように工夫しましょう。少ない数の照明でまかなおうとするのではなく、暗めの照明を全体に配置するのがポイントです。

ブルックリンスタイルにするためのアイデア

上記で紹介したブルックリンスタイルの基本を押さえつつも、さらに個性を出せる工夫をプラスしてみませんか。ここからは、ブルックリンスタイルにするためのちょっとしたアイデアを紹介します。

グリーンをプラスしてみる

グリーンをプラスしてみる

グリーンをプラスしてみる


落ち着いた雰囲気のブルックリンスタイルでは、グリーンをプラスすることで自然の温もりを感じられます。観葉植物などをレンガ調の壁の近くに飾れば、自然の中にいるような気分に。大ぶりな観葉植物を大胆に配置するのがブルックリンスタイルには合いますが、手間をかけられない人はフェイクグリーンでも問題ありません。吊り下がるタイプの植物をプラントハンガーや窓辺から垂らすスタイルもおすすめです。

ポスターや写真などを飾る

ヴィンテージもののポスターや写真を部屋に飾るのもブルックリンスタイルのアイデアの一つ。レトロな写真はフレームに入れて飾ると、よりブルックリンらしい空間に。なお、ポスターは日本語ではなく英語が使われたものを選ぶのがおすすめです。
ポスターや写真ではなくても、英字のアイテムを取り入れるだけでブルックリン風の雰囲気を演出できます。アルファベットパーツを棚に飾ったり、ファブリックパネルを壁に立てかけたりしながら、気分に合わせてインテリアを変えてみましょう。

見せる収納にする

見せる収納にする

見せる収納にする


ブルックリンスタイルを表現するうえで重要なポイントは開放感。室内の開放感を維持するためには、リビングなどのスペースを広くとるための工夫を凝らす必要があります。クローゼットのような隠すタイプの収納だと、視線が遮られて開放感が損なわれてしまうでしょう。そのため、収納スペースは隠すのではなく、あえて見せる収納にしてみては。衣服などをオープンに見せることで、まるでショップのような雰囲気を演出できるでしょう。気軽に購入できるワイヤーネットに帽子などの小物を吊るすスタイルも素敵ですよ。

見えない水まわり部分もブルックリンスタイルに

リビングだけでなく、見えない水まわりもブルックリンスタイルに統一することで雰囲気はさらによくなります。たとえば、シャンプーやリンス、洗剤などのボトルを、ブルックリン風のデザインのボトルに詰め替えてみてください。英字のロゴが入った、白黒のシンプルなボトルを使うのがおすすめ。
その他、トイレの壁や洗面所の壁をレンガ調にする、落ち着いた照明を使うといった工夫で、LDK以外の場所もブルックリンスタイルを統一させましょう。洗濯機に英字新聞風の布をかぶせるといったアイデアも効果的です。

DIYアイテムを使う

DIYアイテムを使う

DIYアイテムを使う


ブルックリンスタイルはDIYと相性がよいインテリアです。DIYが好きな人なら、部屋の雰囲気に合うように自分で棚などをつくるのもよいですね。ブルックリンスタイルによく合うDIYアイテムとしては黒板があげられます。キッチンに黒板を飾り、白チョークでラフに英語を書いておけばバーやカフェのような雰囲気に。

ヴィンテージの小物を揃える

家具だけでなく、小物もヴィンテージでそろえるのがブルックリン流。古い木材を使った小さな棚や収納ボックスなどを用意すれば、インテリアに統一感が生まれておしゃれな空間になります。そのほか、アンティーク調のインテリア雑貨や帽子などをところどころに飾り、さりげなくブルックリン的な演出を加えていきましょう。

ガラスパネル

ガラスパネル

ガラスパネル


ブルックリンスタイルを目指すならば、間仕切り壁を極力なくして開放感を確保する必要があります。しかし、構造的な問題がある、リビングとダイニングは分けたいといった事情で、間仕切り壁をなくせない場合もあるでしょう。このようなときは、ガラスパネルで空間を区切るのも一つの方法です。
ガラスパネルの間仕切りやガラス付きの間仕切り壁であれば、仕切られてはいますが、視線的な開放感をつくれます。また、採光がとりやすくなるのもメリット。スペースの狭さなどで開放感を確保するのが難しいときは、ガラスパネルの導入を検討してみましょう。

アイアンを取り入れる

アイアン、特にブラックアイアンはブルックリンスタイルと相性のよい素材です。ブラックアイアンを使った家具や棚を取り入れれば、ブルックリンらしいおしゃれな雰囲気が増すでしょう。脚にブラックアイアンが使われたレザー製のソファーや、アンティーク調の木材とブラックアイアンでできた棚など、ブルックリンスタイルに調和する家具を探してみてください。お気に入りの家具が一つあるだけで、部屋への愛着が増してインテリアをおしゃれにする気力も高まるはずです。

天井の配管などを露出させる

天井の配管などを露出させる

天井の配管などを露出させる


倉庫を思わせるように、天井の配管などをあえて露出させると、ブルックリン感は一層高まります。配管を露出させることで開放感が生まれます。ただし、配管の露出はインパクトが強いため、間取りや家具などでもブルックリンスタイルを徹底したうえで挑戦してみましょう。

壁にもひと工夫を加えてみる

ブルックリンスタイルでは、壁にもさまざまな工夫ができます。

・打ちっぱなしのコンクリートで無骨な印象を演出する
・黒板塗料でアーティスティックな雰囲気をつくる
・ブルックリン風のオリジナルペイントを施す など

このようにアイデア次第で個性的なインテリアが構築できるでしょう。そして、ブルックリンスタイルの王道といえばアンティーク調のレンガ。しかし、本物のレンガで壁を造るのは費用が高いうえに、メンテナンスの手間がかかります。壁紙でレンガ調に見せることもできますが、さらに立体感がほしいという人は、エコカラットプラスを検討してみてはいかがでしょうか。

ブルックリンスタイルにおすすめなエコカラットプラス

インテリアをブルックリンスタイルにしたい、しかし本物のレンガを取り入れるのはハードルが高いと感じる人には、エコカラットプラスがおすすめ。ここでは、エコカラットプラスの機能やデザイン性について紹介します。

エコカラットプラスの機能

エコカラットプラスは、日々の暮らしを快適にしてくれる壁材です。エコカラットプラスには微細な孔(あな)が無数に開いており、湿気やにおいを吸着する作用があります。

・調湿機能でより快適に
湿度が高いときは吸湿を、低いときは放湿をしてくれる調湿機能が備わっているため、快適な湿度に保とうとします。エコカラットプラスの優れた調湿機能には、結露の発生やカビ・ダニの繁殖を抑制する効果も期待できます。洗濯ものを室内で干すときや、じめじめする梅雨の時期などは特にエコカラットプラスの効果を体感できるのではないでしょうか。

・脱臭効果にも期待
さまざまなニオイの原因成分を吸着してくれるため、タバコのニオイなどを抑える効果も期待できます。トイレや生ゴミ、ペットなど、気になる生活臭は避けられないものです。そういった複合臭にも効果を発揮するエコカラットプラスを導入することで、住まいの環境をより気持ちよく整えられるでしょう。

・お手入れが簡単
エコカラットプラスの特長はメンテナンスの簡単さにも。調湿建材は水拭きによるメンテナンスが難しいという欠点がありますが、エコカラットプラスは水拭きしても問題ありません。水まわりでも使いやすく、付着した汚れが落としやすいエコカラットプラスは、生活の幅広い場面で活用できます。

デザイン性も優れているエコカラットプラス

デザイン性も優れているエコカラットプラス

デザイン性も優れているエコカラットプラス


機能性の高さが特徴のエコカラットプラスはデザイン性にも優れています。豊富な種類のデザインがそろっており、自分が目指すインテリアのスタイルに合ったデザインをきっと選べます。タイルのようなデザインから木目調のデザインまで、30を超えるバリエーションの中から自分好みのものを探してみてください。

ポイントを押さえて魅力的なブルックリンスタイルに!

ブルックリンスタイルのインテリアにするときは、開放的な間取りやレンガ調の壁、ブラックアイアンを取り入れた家具などがポイントとなります。今回紹介したブルックリンスタイルの基本を押さえ、イメージどおりのインテリアを目指しましょう。まずは今ある壁に、機能性とデザイン性が優れたエコカラットプラスを使って、手軽におしゃれな雰囲気を加えてみてはいかがでしょうか。